葬式

お葬式|急な身内の不幸、慣れてる人なんていませんよね。スムーズに進めるためのお葬式ナビ

 

身内に不幸が起きたときにどうすればよいか

葬儀というとほとんどの人が、通夜からお葬式・告別式のことを思い浮かべますが、葬儀を執り行うご喪家・ご遺族にとってはそれだけが葬儀ではありません。
葬儀は、家族や身近の大切な方が亡くなるその瞬間から始まります。
儀式としての通夜の法要やお葬式・告別式は葬儀のハイライトですが、それ以前の葬儀準備から、式後の火葬、そして遺骨埋葬や、その間に営まれる法要や追悼催事、故人の逝去に伴う社会的手続や遺品整理など…といった葬儀後の諸事を含めたプロセス全体が、ご喪家・ご遺族にとっての葬儀と考えるべきでしょう。
ここでは、お葬式を主催する側参加する側それぞれに合った基本的なことをわかりやすく説明しています。

オススメお葬式会社紹介

四谷にある東福院。位牌の後ろに骨壷を納骨する 「直接参拝式の納骨堂」でおひとり30万円~。永代供養墓 6種類・永代使用墓 2種類があります。
埼玉・福島・栃木を中心に8県にわたり、約180の自社斎場を保有する「さがみ典礼」。 大きなネットワークで、お客様にご安心・ご満足頂けるご葬儀のお手伝いをさせて頂いております。 家族葬をはじめ、一般葬・社葬などの大規模葬まで、さがみ典礼は故人への想いを形にするために、 どのようなご要望にも全力でお答えいたします。
誰も墓参りに来れないような場所のお墓より、 わずか4.9万円、ゆうパック着払いで遺骨を送るだけでおまかせできて、 沖縄・湘南などの美しい海へ還ることのできる海洋散骨は今大変人気のシンプルな供養のしかたです。
【小さなお葬式】 葬儀・葬式17万3千円~
全国対応で追加料金0円なのが嬉しい。
お客様のご要望からうまれたシンプルな葬儀
日本経済新聞をはじめ、雑誌やTVでも取り上げられております。